バタフライ・スピードアップ・プログラムの評判

バタフライ・スピードアップ・プログラム(明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修)の評判、難しいバタフライを楽しみならが上達できる理由等をお伝えしています。

バタフライ・スピードアップ・プログラムの評判

バタフライ・スピードアップ・プログラムの評判・トップイメージイラスト

バタフライ・スピードアップ・プログラムの一番の特徴は、トレーニングのメニューが非常にシンプルに整理されていることです。

練習メニューとしては、
①スカーリング
②プル
③リカバリー
④ドルフィンキック
⑤ワンアームバタフライ
⑥呼吸法と目線
の順番で練習していきます。

内容がとてもシンプルで非常に解りやすいです。

続きはコチラ  バタフライ・スピードアップ・プログラム

バタフライ・スピードアップ・プログラムなら楽しみながら上達できる

今までのバタフライの練習では、
ストロークの為に上半身を強化、
ドルフィンキックの強化
うねりを生む体幹の強化
を中心にしていました。

従来のバタフライの練習は、筋力や体力の強化に注力している形です。

今までの練習法の考え方は、筋力や体力が不足しているから単純にバタフライのスピードアップしないと言う考え方に基づくものでした。

これに対して、バタフライ・スピードアップ・プログラムは、一番効果的で、簡単な練習の進め方をしていきます。

バタフライの動きを
①スカーリング
②プル
③リカバリー
④ドルフィンキック
⑤ワンアームバタフライ
⑥呼吸法と目線
に分解しています。

練習方法の特徴は、それぞれの動きを効率的に身に付けて、それぞれの動きを上手に組み合わせていく事を目標にしています。

その結果、バタフライ・スピードアップ・プログラムは、難しいバタフライを楽しみながら上達できるようになりました。

続きはコチラ  バタフライ・スピードアップ・プログラム

Page
Top